読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

始まりの終わりは始まりなのか?

すべてフィクションです。

3/21の日記

きつく結ばれていた部屋が、ものが減ったことで ほどかれて緩やかな空気が流れている。この部屋に住んでもう2年か。よく辛抱したな。バイト先の先輩に あれは罰ゲームでしょ、と言われたのを機に目が覚めた。確かにこの狭さはストレスが溜まるし時々ヒステリ…

3/20の日記

今日は初めて韓国系のレストランに行った。韓国の料理ってなんでもまぜこぜしたがる印象があったがやはりそれだった。私はそう行った食べ方に抵抗がない。美味しかったし。そのあと買い物もした。バイト先で使う黒いベルト。こういう身だしなみからしっかり…

3/20の日記

展覧会の図録、ついつい買っちゃうんだけどあまり開かない。というか一回も開かない方が多い。パンドラの箱だ。なぜなら怖いから。文章が読めない。大学生なのに文章が苦手になってしまった。視覚の情報に頼りすぎているのと、ツイッターの短文に慣れてしま…

3/19の日記

今日のバイトは激混みだった。そのおかげで個人売り上げ15万代乗った。嬉しい。夕方くらいに既に店の全体の計画は達成されていて安堵。レジに入りつつ売り場の整理をした一日だった。最近シャツやネクタイの整頓が速くなったなと感じる。昔は何分も時間がか…

3/18の日記

今日はアルバイト先で色々あった。本当に色々だ。この色々の中にどれだけ言いたいことが詰まっているかわかってほしい。でもそれをここに書くつもりはない。途中まで書いたけどやめた。今日は売り上げ10万代に乗らなかった。そんな日もあるよな。仕方ない。…

3/17の日記

服はフルーツみたいだ。賞味期限が近いものから値引きされていく。フルーツみたいな人生は嫌だ。そもそも人間に値打ちは使わないでほしい。服やフルーツは女の子によく似合う。良いモチーフになる。好きな食べ物でフルーツ挙げておけば素敵って思ってくれそ…

3/16の日記

今日は全国的に晴れた。こういう日が続けばいいのに。これからは雨降ってもいいけど、事前にメールとかしてくれないかな予報とかではなく。週末はなるべく晴れにしてほしい。天気に報連相を求める。 今日は足が疲れた。そして足の裏が痛い。ツボ押しインソー…

3/15の日記

雨だ。ポツポツ細い雨が降ってる。この街は本当に雨が好きだな、よく栄えていると思うわ。地元はこの街よりも田舎で北にあるけど、地元の方が天気が穏やかだ。 いろんな服がある。バイト先にも他のショップにも。金銭感覚たまにおかしい奴がいる。私にとって…

3/14の日記

今日は昼に起きた。ぼーっとしながら布団で過ごした。そして部屋の片付けが終わっていないのに気づく。ダンボールが足りない、でもガムテープ持ってないから意味ない。やっぱりやる気が出なくて2本映画を見てまたダラダラした。こういう時本でも読めばいいの…

3/13の日記

どう考えても加藤ナナになりたい。無断転載 10時に起きてたらたらしながら歯医者への準備をする。歯磨きをしっかりして濃すぎない化粧で外へ出たら春の気温で驚いた。寒いかと思ってタイツ2枚履きしたので暑かった。スカート履いたのが救い。冬に履いていたG…

noism 「マッチ売りの話」「passacaglia」を観て

Noismによる「マッチ売りの話」「passacaglia」を観た。 「マッチ売りの話」 踊り手はみんな仮面をつけており、不気味な印象。仮面と目がよく合った(気がする) 。観ていてすごくわくわくした。実は好きなダンサーの方がいて、その方目当てで観に行ったような…

観に行った美術館 メモ2017

2017.2.16? 三菱一号館美術館 「オルセーのナビ派展」 HP http://mimt.jp/nabis/ ナビ派なんて授業でちょっと聞いたことしかなかったから遠い存在だったけど、今回の展覧会でちょっと近づけた!どの絵も淡い色が中心で、その色の置き方に画家の信念を感じた…

映画

書き方は人の生き方と言われるように、映画のプロットもその人を全て表している。かき消すことなんてできないんだろう。映画を通して私はやっとその人が今までどうやって生きてきたかわかる。映画を撮って見せることは一つの会話なのだと気付いた。撮った映…

象徴主義

象徴主義者になりたい。 ある人の頭の中がPDFで送られて来たので、読んだ。衝撃だった。絶望はしなかった。でも、なんでこんなに思想が深いんだ。私なんてペラペラでふやけてる、具のないワンタンでしかない。こんなんでハタチだ。笑ってくれ。明かしたくな…

今日の授業の話

今日のフランス文学の授業で知らなかったことを知れた。フランスでは18世紀以降小説が発展するが、それより前の時代に主流だったのは詩と戯曲の韻文だったそうだ。そうなんだ、ずっと詩と散文が隣り合わせでいがみ合っているようなものかと思っていたから驚…