読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月2日の日記

今日は大寝坊で身内に迷惑をかけてしまった。それから彼らはずっとプリプリ怒っていたのでもう二度としないと誓う。

 

歯磨きが好きだ。どう好きかというと、1日の行事の中で三番目に好きだ。歯磨き粉の味が好きだし、自分の歯が好きだ。そう、歯が好きだ。まじまじと人の歯を見たことないけど。

 

今日はそういう日。

4月1日の日記

目が覚めた、午前八時。2年後期は2限が限界だった私にとっては早起きな方だと思う。 ちょっと二度寝して15分で支度してバスへ飛び乗る。バイトだ。今日は仕方ない日だった。

 

バイトが終わって、買い物をする。髪留めを買った。服も買おうと思ったけど、店員が話しかけてくれなかったので買わなかった。

自分のパーソナルカラーを検索した。はっきりした色が似合うらしい。そういえば尊敬している店員さんからはっきりした色が似合うって言われた。すごい、ドンピシャだ。憧れる、そこまで人を見ているのか。記憶力。なにかメモでも取っているんだろうか。

 

午後八時、プラスチックの皿を溶かした。正確に言えば溶かしてしまった。電子レンジは怖い、あんな機械で私は何回も死にそうになっているしそのたびにしでかした過ちの大きさと自分の無知を実感する。よく失敗は成功のもとというけれど、それでもなお失敗した人には成功の道が閉ざされているように思える。これは信じたくないから書いているのであって、すべてがそうというわけではない。失敗にも上手な失敗があるような気がする。先輩たちはどうやってそれを乗り越えたんだろう。どうやって壁を壊していったんだろう。もし想像力が豊かならそういうのを自分で考えて補えるんだろうな。昔、仏陀の言葉という本を読んでいたんだ。あれを読むと何を信じればいいかわからんくなる。要は仏陀の教えも捨て、ほかの教えも捨て、自分で人生を選択しろっていう本(?)何だけど、私にはまだ早すぎたみたいだ。無心で生きることが出来ない。どうしても物欲に駆られてしまう。そして私はまだよりどころとなる思想を求めている。古代の偉い人の言葉、中世のすばらしい画家、現代のフェミニスト。なにか、既成の信じるものがないとやってけないのだ。そうじゃないと無理だ。私はエクリチュールを選んでこなかった、それも恣意的に。選ばなくてもいいと思ったし、選ばないことでどんな人と対等に話せると思った。しかしその結果、自分がどこにも所属していない恐怖を味わうことになった。群れていて全然いい。私はきちんと選ばないと。理由をもって、後悔しないように。丁寧に。

3/31の日記

世の中はプレミアムフライデーらしい。年度末なのでそれどころではないと思うが、私は学生なのでパンケーキを食べに行った。苦くて酸っぱくて甘くないスフレパンケーキを食べた。原材料の味を活かすのがそのお店のモットーらしくパンケーキから卵のほどよい味がした。良い。パンケーキを食べ終えたらすぐにミントタブレットを食べてしまった。オーガニックな食べ物の後に甘味料の大御所を食べるのは罪だと思う。その後タンドリーチキンを食べる。美味しい。

 

今日は笑いのツボに入った珍しい日だった。とても面白くて思い出し笑いをしてしまう。