3/14の日記

今日は昼に起きた。ぼーっとしながら布団で過ごした。そして部屋の片付けが終わっていないのに気づく。ダンボールが足りない、でもガムテープ持ってないから意味ない。やっぱりやる気が出なくて2本映画を見てまたダラダラした。こういう時本でも読めばいいのに。何の生産性もない1日。こんな生活いつまで続くんだろう。そろそろうんざりだ。なにを思いなにを考えるんだろう。ざっと部屋を見渡すと自分の部屋に物がありすぎているのに気づく。これらに私は支配されているんだとおもった、普通は逆じゃなきゃいけないのに。そもそもいらない本が多すぎる。読まないのに置いてる本とかいつかレポートで書けそうな本とか。この際実家に持って行ってもらわなきゃな。服も多すぎる。コート3着もいらなかった。

 

あの子と本格的に連絡が取れなくなった、関東までせっかく葉書を出したのに返ってこない。理由は何となくわかる。主人公は一人で十分。他人には主人公ではなくモブとして見えるように接している。できるだけその人が主人公になれるように振る舞う。話しすぎず、意見しすぎず、動きすぎず、賢すぎず... じゃあ私はいつ主人公になれるんだろう。一人でいる時しか無理だ。それか、家族かあの子かあの人かの前でしか自分が言いたいことも言えず、したいことも言えない。まあ別にそれで満足してるけど。つまり自分のことばっか考えて生きていけない性分なんですね。それにつけこまれて利用されることもあるけど。それでも、私は私に似た人を探している。私を私と認めてくれて、愛をもって変人扱いしてくれて、進んで話を聞いてくれて、笑い愛し泣き喜び悲しみ... なんだこれ、いろいろ愛をもらってばっかりだ。とにかくかけがえのない愛の話だこれは。友達に愛されたいんだ私は。そして私も友達を愛しているんだ。愛って何だ。適当に与えることとか残すこととか言わないでほしい。でも直感で言ってもらっても構わない。説教くさくないならいい。いや先生なら説教でも聞く。

3/13の日記

どう考えても加藤ナナになりたい。無断転載

f:id:senseof1984:20170314004100j:image

 

10時に起きてたらたらしながら歯医者への準備をする。歯磨きをしっかりして濃すぎない化粧で外へ出たら春の気温で驚いた。寒いかと思ってタイツ2枚履きしたので暑かった。スカート履いたのが救い。冬に履いていたGUのワイドパンツには毛玉ができていて「これもう履きたくないな」と思った。でももう履くほどの寒さでもなかった。春着るトップスがない。去年はあったのに今年はない。ゾゾ買取に出したからだ。9着90円。まあそんなもんだよな。単にいらない服売って、流行の服着てイキっている女子大生になりたいだけなんだよ私は、別にいいだろ。

 

そうそう、歯医者。親知らず抜く日程決めて終わった。3月末になりそう。「緊張してる?」って聞かれて「はい」って答えた。このやり取りいる? 実は緊張もあるけど歯を抜くのはこれで5回目でワクワクしている。4回歯の矯正で抜いて、親知らずは初めて。普通に生えてる歯をゴリゴリ引っこ抜くのサイコーだったなあ、自分の一部が抵抗もなしに離れていくの。髪切るのと同じ感覚だわ。でも親知らずって歯を切るらしいし、神経にぶつかるかもだし、顔腫れるし、痛いし。想像つかないよね。でも手術は単純に楽しみだわ。失敗は怖いけど。麻酔してるから痛くはないだろうし。自分の顔腫れるのもぶっちゃけ見てみたい。

 

家に帰って冷蔵庫の整頓。冷蔵庫の整頓ってワード面白いな。あと部屋も。

noism 「マッチ売りの話」「passacaglia」を観て

 Noismによる「マッチ売りの話」「passacaglia」を観た。

 f:id:senseof1984:20170313235932j:image

 

「マッチ売りの話」

踊り手はみんな仮面をつけており、不気味な印象。仮面と目がよく合った(気がする) 。観ていてすごくわくわくした。実は好きなダンサーの方がいて、その方目当てで観に行ったようなものだ。その方が踊っているのを観て感動して泣いた。あれは人間を卓越した踊りだったと感じる。身体表現だけで、言葉なんていらないんだ。凍えている時、震えるだけでなく足の指まで縮こまっていて感動した。あと、近かったので滴る汗も見えた。

いつも思う、ダンスって本当にわからない。重力との対話だと言う人もいるらしいけど、全く見当がつかない。私普段重力感じたことないし。なぜ踊るんだ! きっとこの問いは、なんで話すんだ!なんで撮るんだ!くらい唐突で説明がつかないものなんだろうな。彼らは言葉でなく踊りを選んだんだ。

「passacaglia」

そして続けてこの作品へ。ダンサーによって解体されていく舞台。その中心で踊る精霊。音楽が切り替わると表情や踊りも切り替わる。一番後ろの黒幕から人が出て踊り、そしてまた黒幕へ帰って行く。細胞ができて死んでいくような感じがした。

 

イメージを踊りを通して伝えるということは私には無理だと思ったけど、言葉とか絵とか写真とかいろんな道具があるからこれから色々試してみたいなあと思う。そしてなにが一番しっくりくるか知りたい。